パンくずリスト

旧市街市庁舎と天文時計塔 (Staroměstská radnice s orlojem)

1338年に旧市街の自治オフィスとして創立されました。塔、出窓の 礼拝堂からなるゴシック様式最古の複合建築で、壁の豊かな装飾は 14世紀後半のものです。天文時計(15世紀初頭)には09.00–23.00の 間の毎時丁度に、仕掛け時計で12人のキリストの使徒が現れます。 下部分は暦板で、1865年ヨゼフ・マーネスによる黄道十二宮のシンボルが描かれています。市庁舎東側のネオゴシック様式の部分は 1945年8月5日の空襲で破壊されましたが、修復されずそのまま残っ ています。塔の展望台部分はバリアフリーの入場ができます。広間 はバリアフリーの入場はできません。

開館時間

    • 1月 – 12月
    • 月曜日
    • 11.00 – 22.00
    • 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日, 日曜日
    • 09.00 – 22.00

Note:

The Old Town Hall tower is undergoing general repair. While its observation deck is open to public, the Prague Astronomical Clock will be repaired in 2018. Starting the 8th of January, the medieval clock will be taken apart. It will be back in place in August 2018.

連絡先

  • 旧市街市庁舎と天文時計塔 (Staroměstská radnice s orlojem)
  • Staroměstské náměstí 1/3
  • 110 00 Praha 1- Staré Město
  • +420775400052
  • +420236002629

Group reservation

Book a guided tour of the Old Town Hall for a group of people.

Book

By submitting this form I grant consent to the processing of my personal data for the purpose of booking a guided tour of the Old Town Hall for a group of people, and for any communication associated with this booking. For more information about the extent and method of processing of personal data for this purpose see here.

mTicket

Get mobile tickets at a reduced price which entitle you to visit the Old Town Hall.

Buy

プログラム